kuroineco club

購入した物の紹介など!

PS4 Proを使った感想

ぼくがゲームをする時はPS4 Proに、安く購入した低遅延のモニターか、テレビ(東芝のレグザ)を使っている。使い分けとしては、大雑把に言うならFPSはモニター、それ以外のゲームはテレビという感じ。テレビは42インチなのだが、ぼくの環境だとFPSをするにはちょっと大きすぎる。どちらも解像度はフルHDだ。4K対応じゃない。それなのにPS4 Proを使っている。4K環境じゃなくてもPS4 Proを使うメリットがあると思っている。

PS4 Pro対応のゲームによっては解像度、フレームレート、グラフィックなどの中からどれを優先するか選べること。個人的に1番優先するのはフレームレートだ。さすがにどのゲームでもフルHD、60FPSで遊べるわけではない。それでも優先する理由は、グラフィックや解像度よりも違いが分かりやすいのではないかと思っている。ダークソウル3なんかは、アップデートでPS4 Pro対応になり結構滑らかに動くようになった。PS4 Pro対応じゃないソフトでも、ブーストモードでフレームレートの安定、向上が期待できる。グラフィックや解像度を選ぶなら、4Kテレビなどがあると違いが分かりやすいのではないかと思う。自身の環境や、求めることで選べるのはいいと思う。

PS4は単体でYouTubeなどで配信ができる。通常のPS4だと720pで、PS4 Proなら1080pで配信ができる。同様にキャプチャした動画、画像なんかもPS4 Proのほうが優れている。ビデオキャプチャは1080p、スクショは4K画質で保存できる。

PS4はモデルチェンジしてから光デジタル端子がなくなった。PS4 Proにはもちろんある。

USB端子に関しては、PS4は前面に2つのみ。PS4 Proは前面に2つ、背面に1つある。ただこの背面のUSB端子に関してちょっと思うことがある。ぼくはプレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセットを使用している。使用するためにUSB端子にワイヤレスアダプターを挿さなければならない。前面に挿すとちょっとかっこ悪いから背面に挿していたのだが、ゲームによっては結構ファンが回ることがある。その時の排熱は背面からおこなっている。なのでちょうど背面のUSB端子のところは、そこそこあったかい風がばんばん出てくる。そこにワイヤレスアダプターを挿しっぱなしにしていたのだが、そこそこワイヤレスアダプターが熱くなってしまっていることに最近気づいた。かれこれ1年ちょっと使っているが壊れたりはしていないがちょっと気になった。なので最近は前面にワイヤレスアダプターを挿している。背面のポートに常時挿しておくものは、多少考えたほうがいいと思う。

ぼく的な考えだと、もちろんPS4でも十分楽しめるが、少しでもいい環境でゲームがしたい人はPS4 Proを選択したほうがいいと思っている。